下の毛の処理の失敗する危険性

下の毛の脱毛処理の失敗

自宅での下の件の自己処理は失敗する危険性が高く、
デリケートゾーンの肌を痛める原因となり、黒ずみ、傷、色素沈着の可能性も.。

 

下の毛、つまりアンダーヘアは大切な部分を守るために、
太く濃い毛が生えています。

 

守るという面で、生える必要性はありますが、
水着や水着、下着から毛がはみ出してしまうという面があります。

 

そこで、下の毛の処理をすることになりますが、
自分で行うには危険性が高まります。

 

カミソリやシェーバーは手軽に剃ることができますが、
毛根は残っているので、すぐに生えて、何度も剃らなければいけません。
剃るたびに、皮膚を切ってしまう危険が伴います。

 

じつはこれがイチバンの失敗の原因。

 

また、ワックスや毛抜きを使うと、毛根から取り除くことができるので、
きれいに仕上がりますが、埋没毛や毛穴に雑菌が入ることがあります。
雑菌が入ると炎症を起こして、赤くなったり、かゆみの原因になります。"